海老やかにの栄養素は何がある?

海老やかににはキチン・キトサン・アスタキサンチン・タウリンが多く含まれます。これらの名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?まずこれらの物質の効果は血液中のコレステロール値の正常化の働きがあります。また、肝臓の働きを助けてくれる物質のため疲労回復にも効果的です。飲み会の際にもしかに料理を選べるのであれば万々歳ですね!海老やかにに含まれるアスタキサンチンは、血液中のLDLコレステロールの酸化を抑える効果を期待できるため高コレステロール血症やメタボリックシンドロームを診断された方は得に食べて頂きたい食材です。飲み会の際には是非焼肉等にはいかず今年はかにでいかがでしょうか?今、皮膚再生でかにが注目されているのもご存じですか?皮膚が何らかの病気等の原因で壊死してしまった場合人工皮膚としてかにを使う場合もある位かにの力は偉大なのですよ!かには小さなかにから、食卓に並ぶほど大きなかにになるまでに約10年程の期間を要します。そのためかに漁では沢山の制限が行われている位なのです。この10年も培った成分が良い効能を出すのはなんだかほかの食材と比べれば当たり前のような気もしますね。是非健康のことも考慮して食べてみてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ