日本のあま酒は医療や世界からも注目される飲み物

伝統の味。どぶろくによく似ている甘み飲料の一種で日本古来の飲み物、あま酒またの名をあまがわとも呼ばれています。 アルコール分が0.1%以下であれば、法的にも未成年者でも飲むことが認められているので、ひな祭りの際にもちいられる白酒の代用品として使われることもあるそうです。その理由としてあま酒の方が白酒に比べて安価なのが魅力的らしいです。 あま酒は別名、飲む点滴とも言われ昔から、健康維持の為に飲まれています。 栄養素のアミノ酸が多く含まれ、特に体に必要な9種類の必須アミノ酸を網羅しています。他にも、食物繊維とオリゴ糖が腸内環境を整えるので、体内の有害物質の排出に役立ち、便秘、肌荒れを予防、改善します。この働きにより、あま酒は欧米から「ジャパニーズ・ヨーグルト」とも呼ばれているそうです。 また糖質・脂質の代謝に必要なビタミン類・ミネラルが多く含まれています。ブドウ糖も20%も含まれており、体内に入るとすぐにエネルギーとなって使われます。あま酒が「飲む点滴」と言われるのは、あま酒の成分と治療で使われる点滴の成分が非常に似ているためのようです。 日本古来より飲まれてきたあま酒は、先ほども言ったとおり現在でも栄養あふれる飲み物です。あま酒はお米から作られ、とろりとした飲み口なので、液体にも関わらず腹持ちがよく満腹感もえられやすいので、過食の抑制にもなりダイエットにも効果的ではないでしょうか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ