おいしい野沢菜料理でガンの予防をしませんか

寒い季節は鍋をして身体を温めたいと思いますが、私の鍋のシメはやはり雑炊です。その時、ちょっと添えられてて嬉しいのは野沢菜のお漬物です。雑炊に入れて味の変化をつけてみたりするにはピッタリと私は気にいっています。 私はよく知らなかったのですが、野沢菜は信州が発祥だそうです。しかもその信州では野沢菜を色々な方法でアレンジして食べられていることを知りました。少しですが、ご紹介したいと思います。 まずは野沢菜の納豆パスタです。野沢菜漬けの塩分をさらっと水で流し、水気を十分取ることがポイントのようです。その後、納豆や大根おろし、お好みの野菜を入れて茹であがったパスタをボールで絡めていくそうです。味付けは塩コショウ、オリーブオイルなどでさっぱりとした感じのようです。 ご飯ものなら、野沢菜ご飯です。炊きあがった白いお米に、バターと梅を細かくカットした物を入れ、その後塩分を少しカットした野沢菜漬けのみじん切りを入れて混ぜます。バターの濃厚な感じと野沢菜、梅のあっさりとした感じが合わさり食が進むと思います。 今回ご紹介したのは2つですが、他にも野沢菜の餃子や煮物、おひたし、チャーハンなど色々アレンジはできるようです。 実はガン予防にも効果のある食材ということで注目を浴びているようですのでぜひ色んな料理方法で食べていきたいです。 →野沢菜

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ