冷凍お好み焼きのメリットと作り方について

冷凍お好み焼きは、手作りのお好み焼きとは違いレンジでチンをするだけで手軽に食べることができるという魅力があります。ただ、その代わりに新鮮さには欠けてしまいます。それでも美味しいお好み焼きが手軽に食べられるということで非常に人気が高く、商品クオリティーも高まってきています。 逆にお好み焼きを一から全部自分で作りたいと考えている人もいらっしゃることでしょう。お好み焼きは、それほど難しい調理法というわけではなく、小麦粉から手軽に作ることもできます。もちろん、野菜はできるだけ多くとれるようにした方が良いので、キャベツを盛り付けると良いのではないでしょうか?キャベツには、豊富な食物繊維が含まれているので腸内環境の改善に一役買ってくれます。その他、お好みで野菜を盛り付けていくと美味しいお好み焼きに仕上がります。 材料としては、小麦粉を150gと卵を1個用意、水を1カップとだしの素を大さじ1、キャベツを100g~200g、豚バラ肉を100g程度用意します。そして、マヨネーズを大さじ2から4ほどと、ソースも同程度、そしてかつおぶしを少量だけ用意をします。これでお好み焼きを作ることができるようになるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ